wired raven - new vision

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

衰退期に何をしていたのか

昨日に書いた衰退期の話は複数のネットゲームの体験談に基づいている。
この衰退期に何をやっていたのか、というと特に気にせずプレイしていた。
アクティブな人口が減ると、市場に流通するアイテム量、ギルド戦などの大規模なチーム戦、パーティなどが減っていく。
が、アイテム自体は店売とドロップ品、狩りはギルドのパーティやソロというプレイスタイルだったので、人口減少による影響はあまり、出ていなかった。
そして、飽きるまで楽しんで、飽きたらゲームクリア。
たまに誘われたらログインして懐かしんだりするような形。

衰退したと感じた時に何ができるのか

一番、簡単なのは「衰退した」と口にしないことだろう。
衰退した、と言われて盛り上がる人間はそういない。
また、衰退した、と話を聞いているものに新しく参加する人間も少ないと思う。


なにより、自分が面白くない。
衰退した、と口にすることで認識がそうなっていく。
新しい変化を受け入れられず、自分が楽しかった頃を基準にして批判するだけで何もならない。
それどころか、アクティブな人間のやる気を削ぐだけでマイナスだろう。


新しいことに目を向けたり、新しいことを受け入れる姿勢が大切。