wired raven - new vision

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

配慮の加減

配慮は大小様々なトラブルを回避するためにしたほうがいいと思うけど、万全を期そうとするとえらく窮屈になる。

理由は単純で配慮して欲しいことが人によってばらばらだから。

ある人にとっては大丈夫なことでも、別の人にとってはダメなことがある。
その時は大丈夫なことでも、別の時にはダメなこともある。

厳密にやろうとするから問題になるのだから、配慮する側もして欲しい側も多少のゆるさがいるのではないかな、と思う。
有り体に言えば余裕を持つ、ということだ。

もっとも、火を噴く時の大半はその余裕がなくなっているのだけども。