wired raven - new vision

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

長文・短文だから良いとか悪いとか

冗談にしては妙な焦げ付き方をしているこの話題。

文章を書くにあたって、長い文章であるか、短い文章であるかは結果に過ぎない。

長文や短文だからといって良し悪しが決まるわけではない。

字数や表現に制約があって、決まっているならそれを満たす必要がある。それはおいて、自分が表現したいものが表現しきれているか、想定している読者に必要な情報が伝えられるかが重要だと思う。

このあたりは、文章を書く理由によって変わる。普段、自分が文章を書くときは誰かに伝えるためだ。

読者が自分ひとりでもそれは未来の自分であり今や書いた時点の自分とは異なる。思ったことや考えたこと、それに至った理由などを書いて、未来の自分がわかるようにする。ブログにしてもほか何かの文章にしても、読者が理解できる形にするよう心がけている。

書いていて思ったけど、妙に焦げ付いているのは、長文で噛み砕いて説明したり、あきない文章を書ける人や短文ですっきりと表現できる人がうらやましい、という単純な話なのかもしれない。